×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アラフォーランナー奮戦記

1.2010年  夏 〜走るきっかけ
ダイエット開始から4か月ほどたった8月のある日。

毎日続けていたウォーキングに小学1年生の娘がついいくと言い出しました。

「キビキビ歩く」のがダイエットに効果的なのに、娘の速度でタラタラ歩くのは嫌だな〜と思った半面、たまの日曜日ぐらい親子で歩くのもいいだろうと渋々了 承しました。

とはいえ、娘の歩くスピードは遅いので、負荷をかける意味と娘の前で「ちょっといいところ」を見せようという二つの理由から、フォームは「走り」でスピー ドは「歩き」という奇妙な動きで娘の歩きについていきました。

散歩(?)も20〜30分ほど経った頃、娘から「パパ、ずっと走って疲れないの?」の言葉。

・・・!?

・・・・・・・・疲れていない・・・・・・・

これまで、何度か「ランニング」にチャレンジするも、「肥満+(極度の)運動不足」で数百メートルも走れば限界で、5分以上走り続けるのは今の私には不可 能だと思っていました。

ところが娘とおしゃべりしながら「ゆっくり」走っていたら、既に2キロ以上過ぎていたのでした。

「ゆっくり走れば、長く走れる!」


・・・今思えばランニングの初歩的な技術ですが、思いがけない出来事がきっかけでその事を学ぶことができました。


・・・・そんな夏の日の出来事から、私のランニング生活はスタートしていきました。